ボクの覚え書き – CentOSでサーバ構築 サーバー構築やプログラミングの覚え書き

MySQL3.23から5へバージョンアップ

11.07.2008 · Posted in 覚え書き

前の記事でも書いたとおり、WordPressをバージョンアップしています。それにともない、MySQLも3.23から5へバージョンアップしました。

その時の手順をメモ。このやり方が一般的かどうかは知りません。

作成しているユーザーはこれ(このユーザーはデータベース「databasename」の全特権をもっている)

  • ユーザー名:username
  • パスワード:password
  • まずは、テーブル構造とデータを別々にダンプ

    # mysqldump -d databasename > kouzou.dmp
    # mysqldump -n -t databasename > data.dmp
    

    で、バージョンアップをして(ここの手順は省きます)
    my.cnfにこれを追記してサービス起動
    (文字コードはそれぞれの環境に合わせて設定する)

    [mysqld]
    old_passwords=1
    default-character-set=utf8
    skip-character-set-client-handshake
     
    [mysql]
    default-character-set=utf8
     
    [mysqldump]
    default-character-set=utf8
    

    ユーザーとデータベースの作成

    mysql> GRANT USAGE ON * . * TO 'username'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
    mysql> CREATE DATABASE IF NOT EXISTS `databasename` ;
    mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `databasename` . * TO 'username'@'localhost';
    

    テーブルの作成

    # mysql -u username -D databasename -p < kouzou.dmp
    

    http://www.mysql.gr.jp/frame/modules/bwiki/?Contrib
    から「mysql_change_char_len.sh」をダウンロードして実行

    データの流し込み

    # mysql -u username -D databasename -p < data.dmp
    

    こんな感じでいけました。

    Tags:

    Comments are closed